エスプレッソを淹れてみよう!①家でカフェラテを飲みたい方へ

実は、ウチの店でもエスプレッソを出しています。 本やネットなどで調べつつ、独学で勉強したのですが、わかりやすいものはほとんどない(見つけられなかった)。 『正しい情報』が書かれているとは思うけれど、『道しるべ』としては、甚だ心もとないものばかり。 というのも、読む人の対象が幅広す

エスプレッソを淹れてみよう!②マシンを決める

家庭で、エスプレッソとカフェラテ(エスプレッソの牛乳割り)しか淹れないのであれば、デロンギなどの1万円前後のマシンで十分。 お店の様に何倍も続けて抽出したり、カプチーノのように牛乳をエスプレッソマシンで温める場合には、ボイラーの容量が大きくなくてはならない。 で、ボイラーが大きい

エスプレッソを淹れてみよう!③その他の道具(絶対必要なもの)

⓵エスプレッソ用のミル エスプレッソは豆を非常に細かく挽かなければいけません。 と。いうわけでミルは専用のものが必要です。 1万~1.5万円ぐらいの輸入品が良いでしょう。 以前は、エスプレッソと言えば『深煎りの珈琲豆』をつかうものと相場は決まっていました。 が、最近は、もう少し煎

エスプレッソを淹れてみよう!④困ったときは

手順について細かく書くと、大変な量になってしまうので、マシンの説明書や書籍、詳しいサイトなどを見て頂きたいと思います。 ただ、いくつかのポイントを押さえれば、少しはスムーズにエスプレッソを抽出できるかもしれません。 ⓵まずは、濃いエスプレッソを淹れ、そこから調整していく 慣れない

珈琲の淹れ方①自分の好みの珈琲を知る

まず、一杯でもよいから、『こりゃぁ、ウマイ!』と自分が思う珈琲を探し、飲む。 これが、美味しい珈琲を淹れるための近道です。 珈琲に限らず、何かを作るとき、設計図とまではいかなくても、完成予想図とかイメージがなければ、全くの手探りになってしまう。 『美味しい珈琲』のイメージがハッキ

珈琲の淹れ方②豆を買う

豆の産地、品種、焙煎方法、抽出方法などこだわりだせばキリがないぐらい奥が深い珈琲の世界。 生豆を買ってきて、フライパンで炒っても案外おいしいものができたりして誘惑されるけど、ソコまで踏み込めば人生を棒に振る可能性すらある世界(大げさか?)。 だから、ココではお店で焙煎された珈琲豆

珈琲の淹れ方③道具を用意する

①ドリッパーとペーパー ドリッパーのメーカはいろいろある。 が、始める前からいろいろ調べて悩む必要もない。 ある程度わかり始めてからいろいろ試すのが、また楽しい。 プラスチック製のものが安いし扱いやすい(器具を温める必要がないし割れにくい)。 ペーパーは、ドリッパーと同じメーカー

珈琲の淹れ方④淹れてみよう!

①まず豆を挽く 量は、ドリッパーの説明書に書いてある通りでやってみる。 薄いと思えば、次は増やせばいいし、濃かったならその逆。 1杯分淹れるより2杯分以上淹れる方が失敗が少ないと思います。 ちなみに当店では2杯で30g強です。 ②湯を沸かしポットへ 湯が完全に沸騰したら、ポットへ